スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙とストレス

2010/01/29 (金)  カテゴリー/健康情報

こんにちは。担当Sです。

先日こちらを見に行ってきました。

かいじゅうたちのいるところ

絵本原作の短い映画なのですが、
映像がとてもおしゃれなのです。

最近涙腺が弱いらしく、
「カールじいさんの空飛ぶ家」でもほろっときたのに、
またほろっと。。別れのシーンってなんで物悲しいのでしょうね

今回はこのストレスを緩和させるという話。

そもそもストレス状態とは、
自律神経の交感神経が非常に優位に働いている状態を指します。
ストレスを緩和するには、この状態を逆転させるのが良いそうです。

そこで、
涙を流す涙腺は、副交感神経が制御しています。
感動したり、悲しかったりして、感情が高まると、
の血流が一時的に増加し、副交感神経を激しく刺激し、涙が出ます。
そうなると、自律神経のバランスが交感神経優位の状態から逆転するため、
ストレスが緩和される、というわけです。

悲しいときは思いっきり泣け!というのは、
科学から見ても正しいのでしょうね。
皆さんも泣ける映画や本でストレス緩和・解消をしてみてはいかがでしょう。

------------------------------------------------------------------
今回でSはblog担当卒業します!
新たなメンバーが加わりパワーアップしていきますので、
今後ともよろしくお願い致します。
1年8ヶ月間、ありがとうございました!!
ブログ担当S

--------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

タグ : ストレス

テーマ : 通信教育・通信講座 - ジャンル : 学校・教育

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。