スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨高山

2010/05/19 (水)  カテゴリー/その他

ご無沙汰しております
ブログ担当Iです

Tさんは、素敵なゴールデンウィークを過ごされたみたいですね
は、母の故郷である「飛騨高山」を旅行してきました。

飛騨高山は「小京都」とも呼ばれ、城下町・商家町の古い町並みが残されています。
外国人観光客の方も大勢いらっしゃいましたよ
そして、飛騨高山といえば、やっぱり飛騨牛、飛騨そば、朴葉みそです
飛騨牛は都内ではあまりお目にかかれませんが、本当に美味しいのでお勧めですよ
も両親にご馳走してもらっちゃいました


飛騨牛とは

岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、
日本食肉格付協会が実施する枝肉格付で、歩留等級A等級又はB等級
かつ肉質等級5等級、4等級、3等級のものであることを
飛騨牛銘柄推進協議会事務局が確認し、認定したものとする。

とされています。
なんだか難しいですね
特徴は、霜降りが多く、薄いピンク色をしていて、肉質が柔らかく、
甘みがあるところです


飛騨牛


ちなみに…
牛肉の格付けには2つの等級が使われます

1つは歩留まり(ぶどまり)等級、もう1つは肉質等級です。
歩留まり等級はA、B、Cの3段階に分かれておりAが最も良く、
肉質等級は5、4、3、2、1の5段階に分かれ5が最も良い等級となります。


歩留まり等級とは

生体から皮、骨、内臓などを取り去った肉を枝肉(えだにく)といいます。
生体から取れる枝肉の割合が大きいほど、歩留まり等級が高くなります。
同じ体重の牛でもたくさんのお肉が取れる方が良いのです。

なお、肉質等級は、霜降の度合い、色や光沢、脂肪の色や光沢と質、
肉のしまりとキメなどで評価されるようです。



旅の最後には、家族で平湯温泉に入ってきました
硫黄の匂いが強く、湯の花が浮いていて、とってもよい温泉でしたよ

ゴールデンウィークはお天気にも恵まれ、
みなさまもリフレッシュできたのではないでしょうか

名古屋試験も近づいていますし、追い込みを頑張って下さいね


ブログ担当I
スポンサーサイト

タグ : 等級 飛騨牛 温泉 試験

テーマ : 通信教育・通信講座 - ジャンル : 学校・教育

お米づくり、その1。

2010/05/07 (金)  カテゴリー/日記

こんにちは。
ブログ担当Tです

ゴールデンウィークが終わりましたね。
皆様どのように過ごしましたか

Tはいつものことながら、実家に帰りゴロゴロしたり
BBQパーティーをしたりしてのんびりと過ごしました

空
それにしても、暑かったですね


ところで、Tはただただのんびりとしていただけはなく、
6月の田植えに向けて、ちょっとしたお手伝いもしました。

題して・・・
~お米づくりドキュメント その1 土入れ~

田植えに向けた最初の工程、土入れです。

育苗箱
育苗箱です。

土入れ
育苗箱に土を入れます。

土入れ2
きれいに、平にならします。

育苗箱
土を入れた育苗箱は、次の工程まで保管しておきます。


次の工程は、もみ撒きです。
お米づくりは手間がかかりますね。


ブログ担当T

テーマ : 通信教育・通信講座 - ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。